紫微斗数四柱推命九星気学人相占いカレンダーパワースポット

2022年の九星気学による運勢鑑定

本命星と月命星

生年月日による本命星と月命星

生年月日:1964年4月29日  性別:

本命星:九紫火星(甲辰)

月命星:三碧木星

2022年の本命星

本命星:五黄土星(壬寅)

※年の切り替わり【2022/2/4 5:51です。

運勢鑑定

2022年 【2022/2/4 5:51より約1年間】 の運勢

本命星が九紫火星の人にとって、2022年は九年サイクルの締めくくりの年です。 来年からは、また新しいサイクルが始まります。 いままで頑張ってきたことや、手を抜いてきたことなど、良くも悪くも結果がはっきり出てきます。 ずっと秘密にしてきたり、何となく曖昧にしてきたことにも陽が当たり、明暗が分かれます。 年前半は勢いがあり、後半から徐々に運勢が低下していきます。

仕事面では、斬新なアイデアが湧いてきて発展のきっかけを得やすいでしょう。 職場などで成績を上げて評価が高まったり、自分自身の気持ちとしても名誉欲が高まる時期です。 地位の向上や昇進など、分かりやすいカタチで成果を得る人もいるかもしれません。

出会いと別れを経験する時期でもあります。 出会いや交流においては人気運が高まり、異性も含めて周囲から声が掛かりやすいでしょう。 一方で、自然と疎遠になる人もあるでしょう。 悪縁を引きずっている相手がいるなら、そのような相手とはこのタイミングで距離を置くのも良いかもしれません。

金銭面では、交際費などの出費が増える傾向です。 見栄え良く自分を飾りたくなる時期でもあり、高価な服や必要以上の高級品を購入するなどして散財してしまうことがあるかもしれません。 そうした買い物がいけないということはありませんが、無理の無い範囲でお金を使うように最低限の自制心は必要でしょう。

健康面では、全般的に体調が不安定になる傾向です。無理をしたり不摂生はひかえて、早めに休息をとることを心掛けます。血圧の異常・心臓の不調に注意してください。

2019年
2020年
2021年
2022年

2023年
2024年
2025年
2026年

2027年
2028年
:
今年

基本的な人格・性質
今年の凶方位・吉方位
今年の運勢
他の人との相性を占う

※上記の占い結果は、九星気学の解釈に基づいて運勢を解説したものです。 あくまでも“九星気学ではそう解釈されている”ということであり、科学的根拠があるわけではありません。

九星気学における運勢については、9年サイクルで好調期と停滞期がめぐります。 好調期ばかりが続く人も停滞期ばかりが続く人もいません。 自分がいま、サイクルの中のどのタイミングにいるのかを把握して、適切に行動することが開運のカギとなるでしょう。

この占いを楽しんで、普段の生活のご参考にしていただければ幸いです。

紫微斗数四柱推命九星気学人相占いカレンダーパワースポット